さくらんぼを漢字で書くと…?東大王に出てきた難読漢字やクイズで自慢出来る難しい漢字を紹介!

雑学

さくらんぼって、漢字で書くとどう書くのが、ご存知でしょうか?

東大王などテレビのクイズ番組を家族と見る方も多いと思いますが、そんな時テレビで出題されている問題にすらっと答えられたらちょっと自慢出来ますよね。

教養や歴史の問題に比べれば、漢字の問題は覚えるのも楽ちん


そんなドヤってみたいけど怠け者根性ばりばりの筆者が東大王で出題された漢字問題や出題されるかもしれない難しい漢字を調べてみました。

さくらんぼの答えが気になる方は一気に一番下までスクロールして下さい。

それでは行ってみます!

スポンサーリンク

難読漢字その1:同じ言葉に複数の漢字があるもの

難読漢字の中には、同じ意味、同じ読み方で漢字だけ違うというものがあります。


例えば、魚のさわら


一般的には「」と書きますが、東大王で出題された問題の中には「馬鮫魚」と書いてさわらと読むクイズがありました。


このように、一つの漢字だけ知っていても実は違う漢字で書くこともあるものは魚や動物、植物に特に多いです。

ではいくつかご紹介していきます。

スポンサーリンク

あさり 蛤仔
浅利とも書きます
ぜんまい 紫萁
薇とも書きます
いるか 
海豚とも書きます
たら 大口魚
鱈とも書きます
ほおじろ 黄道眉
頬白とも書きます
ひばり 告天子
雲雀とも書きます
かつお 松魚
鰹とも書きます

片方は知っていても、もう片方の漢字は知らない…というものが多かったのではないでしょうか?


同じ漢字で別の読み方があるように、同じ言葉にも別の漢字が充てられるというのはとても面白いですよね。

スポンサーリンク

難読漢字その2:小学校で習う漢字の難しい読み方

小学校で習う漢字のクイズ問題東大王ではよく出てくる問題ですよね。


ここで、過去に出てきた漢字の難しい読み方をおさらいしたいと思います。


小説、特に芥川龍之介や太宰治などの文学作品を読んでいる方は結構読めてしまうことが多いと思いますが、普段普通に生活しているだけでは中々見る機会の少ない言葉が多いです。

スポンサーリンク

例えば「主る」


こう、いきなり文脈なく出されると、ぱっと浮かばないのではないでしょうか?


難しいものも簡単なものもありますが、いくつかご紹介していきますね。

スポンサーリンク

一寸 ちょっと
いっすん、とも読みます。意味は同じですね。
円やか まろやか
まろやかって言葉はスイーツとかを食べる時、使ったりしますね。
態と わざと
わざと、はひらがなで書かれることの方が多い気がしますね。
点てる たてる
お茶を点てる、という時に使う言葉です。
お抹茶など、日常ではあまり使わない言葉ですね。
目映い まばゆい
眩い、とも書きます。まぶしくて目を開けられない感じがします。
精しい くわしい
○○に精通した人、というような意味で使うくわしいです。
詳細という意味だと、詳しい、となるので使い分けされているんですね。
主る つかさどる
これも上と同じで、漢字によって意味が少し異なるものですね。
主るは主に中国の医学用語で、「気を主る」などと使われます。
中心になって働く、という意味だそうです。
司る、は普段使われる、管理する、担当する、という意味で使われます。
スポンサーリンク

難読漢字その3:日用品や道具の漢字

普段から使っている言葉ですが、ひらがなやカタカナで表記されることが多いもの達です。


漢字を知っていると、ちょっと自慢できそうですよね。

杓文字 しゃもじ
ご飯をよそう、あのしゃもじです。
 まないた
台所で包丁とセットで使う、まないたです。
まな板、と書くことが多いと思います。
如雨露 じょうろ
花壇に水をやる時に使う、じょうろです。
炬燵 こたつ
最近は少なくなっているかもしれないですね。
お祖母ちゃんの家には必ずあった冬の必需品、こたつです。
馬穴 ばけつ
バケツと、カタカナで書くことが多いです。
馬の穴…と書くとちょっと別のものを想像してしまいそうになりますね…。
歯刷子 はぶらし
歯ブラシ、と書くことが多いですね。
ブラシにも漢字があったなんて驚きですよね。
スポンサーリンク

まとめ

今回、一見読むのが難しい漢字についてまとめてみました。


クイズ番組のお伴にして、読める漢字が出てきた時にはぜひ自慢してみてください。

他にも難読漢字は数えきれないほどあるので、全て網羅するのは中々難しいですが、これを機に漢字を色々調べてみるのも楽しいかもしれません。

スポンサーリンク

最後に。


さくらんぼの漢字は…「桜桃」


他にも、桜実、櫻桃、実桜と、書かれることもあります。


面白いのは「桜ん坊」と表記されることもあるということですね。


一番読みやすくて、しかもちょっと可愛いですね!

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました