年間300冊以上読む為に私がやったこと!誰でもすぐに出来る速読術とそのメリットとは?

未分類

こんにちは、misakiです。


当たり前ですが、
本屋に行くと到底一度の人生では読み切れない数の本が並んでいますよね。


それに新刊も次々でますから、
読みたいと思った本全てを読もうと思ったら
他の多くの時間を犠牲にする必要があります…。


ですが、忙しい現代人にとって、
それってかなり難しいですよね。


そこで今回は、
私が過去実際に年間300冊を目標にした時、
試行錯誤しながら身に付けた「速読」の方法をご紹介しようと思います。

「速読」のメリット

まず、そもそもなぜ速読が良いのかということですが、
最初に書いたたくさん本を読めるという以外に、
速読しても普通に読んでも残る記憶は同程度だということがあります。

これは私が実際に驚いたことなのですが、
私は元々かなり読むのが遅いタイプでした。

ゆっくり読んで、
あれ?
と思ったらページを戻って読み直して…
というところまでしていたこともあります。

こうやって、丁寧に読んだ方が記憶に残る感じがしますよね。

せっかく読むのですから、
覚えていたいことは出来るだけ頭に残しておきたいです。

ところが、
読み終わってみるとそこまで詳細なことや
はっきりした文字って記憶に残らないんです。

そして、速読で一気に読んでしまったとしても、
逆に大筋やポイントはちゃんと覚えているんですね。

なのでぶっちゃけ、
速く読もうがゆっくり読もうが残るものが同じなら、
たくさん本を読める速読の方が良いなって思いますよね?

これが、私が速読のもうひとつの大きなメリットになります。

「速読」のデメリット

それでは、逆にデメリットは何かというと、
集中力を使うのでゆっくり読むより疲れる、ということです。

例えば趣味で小説などを自分のペースで読みたいという方であれば、
今のペースのまま読む方が良いかもしれません。

そこは、一度速読を試してみて、
合わないなと思えば元に戻していただければ良いと思います。

それでは、
長々メリットとデメリットについてお話させていただきましたが、
ここから「速読」の方法をお話していきますね!

速読の方法

内容を読むのではなく文字を追いかける

速読の場合、
読んでいる時に内容まで深く考えたり
感じ取ったりするのは時間のロスに繋がります。

ポイントは文字を追いかけることだけに集中すること。

他のことは一切考えません。

これで読めているのかな?


と不安になるかもしれませんが、視界から普段溢れるほどの
日本語の情報を浴びせられている私達自身の脳を信じて下さい。

私もびっくりしたのですが、
これが本当にちゃんと頭に入っています

その時は文字だけに集中しているので思い出せないかもしれませんが、
読み終わってみるとちゃんと大筋やポイントは把握できているはずですよ!

2,集中力が切れたら一旦休憩する

これ、ぶっちゃけ勉強と同じです笑

人の集中力って限られているので20分〜30分くらい読んだら
お茶を飲んだりストレッチしたりして一旦休憩した方が効率が良いです。

理想的な勉強方法としても、同じようなことが言われますよね。

これは脳のシステム上そうなっているということなんだと思います。

いくら速く読みたくても、無理は禁物です!

3,ながら作業はおすすめしません

これはつまり、スマホで動画を流しながらとか、
メールチェックしながらとか、テレビを見ながらとか、そういうことです。

所謂マルチタスクというのは良いことのように言われることがありますが、
マルチタスクでは一つひとつのやりたいことに対して集中力を使いきれません。

私もついつい行儀悪くおやつを食べながら〜
なんてしたことがありましたが、
頭は疲れる、物事は入ってこない、おやつの味はあんまり感じられない、
と、これでは良いことが一つもない!となりました。

速読はかなり集中力を使うので、
他の作業と一緒にやるのは、
私的には絶対におすすめできないです。

以上3つのポイントを押さえて、ぜひ「速読」を試してみてください。

・まとめ


速読のメリットは

  • たくさんの本を読める
  • ちゃんと記憶に残る

デメリットは

  • 集中力を使うので疲れる
  • 読んでる最中は作業感がある

でした。


これを踏まえて、

速読のポイント、

  • 内容よりひたすら文字を追いかける
  • 20〜30分で休憩を入れる
  • ながら作業はしない

この3つを意識して始めてみてください。


ちなみに、同じ本を二度読めば、
ゆっくり一回読むよりも記憶に残ることが私も実際体験して分かっています。

これもいわゆる勉強法と一緒なんだなあと面白く感じました。

それでは、ここまで読んで下さって、ありがとうございました。


あなたがたくさんの良い本に出会えることを願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました