芋けんぴの名前の由来とは?かりんとうとの違いや芋けんぴのレシピを紹介

食べ物

芋けんぴという名前のお菓子はほとんどの方が知っていると思いますが、食べる機会ってあんまりないのではないでしょうか?


筆者の実家でも母がやたら買っていた時にはよく食べていましたが、一人暮らしを始めてからは芋けんぴとはすっかり出会わない日々です。

スーパーの和菓子売り場には、おそらくほとんどの店で売っているはずなのですが、個包装でないところがちょっと手に取りづらいのかなあという気がしています。


そこで、今回は量を気にしなくていい自分で作れる芋けんぴのレシピを調べてみました。

さらに、そもそも芋けんぴってどういう意味なのかかりんとうとの違いなど、芋けんぴのちょっとした不思議を解消するために、色々と探ってみました。

スポンサーリンク

芋けんぴの名前の由来とは?けんぴって何?

まず、芋けんぴ、と当たり前のように呼んでいますが、そもそも芋けんぴってどういう意味なのでしょうか?


芋、は読んで字のごとく、芋ですよね。


では けんぴ とは?

干菓子の一種。高知市の銘菓。山内一豊(かずとよ)が1600年(慶長5)に掛川(静岡県)から高知に移封されたとき、もたらした菓子といわれる。小麦粉に砂糖を加えて練り、薄くのしてから固く細く巻き、チーズスティック状に切って天火焼きする。香ばしく、ぱりっとした歯ざわりである。猫の皮より薄いという意味と色合いから犬皮とも書かれたが、本来は巻餅(けんぴん)の意で、唐菓子(とうがし)の環餅(まがりもち/かんぴん)の変化したものである。

引用元コトバンク日本大百科全書(ニッポニカ)

どうやら簡単に言うと、小麦粉を砂糖でコーティングしたスティック状の焼き菓子、らしいです!


小麦粉!?という感じで驚いてしまいました。

スポンサーリンク


高知県の郷土菓子らしいですね。


現在ではけんぴよりも芋けんぴとしての名前の方が有名ですし、日本全国に浸透しているのではないでしょうか?


お菓子の種類としては、和菓子の中でも干菓子に相当するようです。


最近は少なくなったかもしれませんが、お茶請けとしての用途も担っていたようですね。

ちなみに芋けんぴとは小麦粉をスティック状に伸ばす代わりに、さつまいもを拍子切りにして油で揚げ、砂糖でコーティングしたものです。


けんぴはけんぴでも、製造方法には違いがあるみたいですね。


どうやら形状や質感が似ている、という理由で芋けんぴと名付けられたようです。

スポンサーリンク

芋けんぴとかりんとうの違いとは?

ところで かりんとう って良く耳にしますよね。


かりんとうを辞書で引いてみると

かりん‐とう〔クワリンタウ〕【花林糖】 の解説
小麦粉に卵などを加えて練ったものを細長く切り、油で揚げて黒砂糖や白砂糖をまぶした菓子。

goo辞書

とあります。


おや、と思ったでしょうか?

けんぴは小麦粉に砂糖を混ぜて伸ばしスティック状にしたものを天火焼きしているのに対して、
かりんとう小麦粉と卵を練ったものをスティック状にして油で揚げています。


そして最後に砂糖でコーティングしていますね。

スポンサーリンク

芋けんぴはというと、さつまいもをスティック状にして、油で揚げ、砂糖でコーティングしているので、けんぴと言ってはいますが、製造方法はかりんとうそのものです。

ではなぜ芋に「かりんとう」よりも「けんぴ」が下につく方が有名になったのかというと、諸説ありますが、どうやら高知県で使われていた「芋けんぴ」がお土産として扱われ、後に定番化していったことが理由のようです。

そこから他の大手メーカーでも生産されるようになり、すでに親しまれてた「芋けんぴ」が商品名として使われるようになっていったのですね。

ちなみに芋けんぴと全く同じ製法で芋かりんとうという商品名で売られている地域やメーカーもあります。


筆者は静岡県の出身ですが、近くの和菓子屋では芋かりんとうという名前が主流でした。


静岡から出てくるまで、芋けんぴという名前にそんなに親しみが無かったです。


ですから芋けんぴ芋かりんとうの違いは「地域差」と言ってよさそうです。

スポンサーリンク

自宅で作れる芋けんぴのレシピ

芋けんぴ

  • さつまいも
  • 砂糖
  • 揚げ鍋や底が深めのフライパン


があれば自宅で簡単に作れてしまいます。


普段から料理が得意という方でなくても、レシピを一度でも見れば気軽に作ってしまえるくらい、工程は短いです。


市販の芋けんぴは、やはり砂糖が多めにかかっていることもあり、カロリーが気になる方には少し手が出し辛いですよね。


ですので、ここでいくつか芋けんぴのレシピを紹介してみました。

スポンサーリンク

・さつまいもと砂糖と水だけで作る大王道の芋けんぴ

Cpicon 止まらない!カリッとふっくら芋けんぴ by naokirose

・塩を入れて食べやすい!フライパンで作れる芋けんぴ

Cpicon 簡単!なのに激ウマ♡芋けんぴ by ひかみ☆

・レンジとトースターで簡単にダイエット中もOKな芋けんぴ

Cpicon 芋けんぴ、トースターで。簡単ヘルシー♡ by みっきい☆☆

秋といえばさつまいもの時期です。


まだまだ在宅ワークの方も多いと思いますので、この機会に皆さんもぜひぜひ、自宅で芋けんぴを作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

芋けんぴについて、名前の由来やかりんとうとの違い、そして自宅で作れるレシピを紹介してみました。

  • けんぴとは高知県の郷土菓子が由来
  • 芋けんぴと芋かりんとうは呼び名が地域で違うだけ
  • 高知県の土産菓子として全国に名前が広がっていった

など知らなかった発見が多くありました。

さらにこれから秋に入りさつまいもがスーパーで売られる次期になりますので、自宅で作れる芋けんぴレシピを私も参考にしたいと思っています。


個人的には塩を振って作った芋けんぴが、食べやすく美味しかったのでおすすめです!


他にもオリーブオイルで作ってみたり、はちみつを絡めてみたり、アレンジは色々ですのでぜひ試してみてください。

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました